忍者ブログ
僕自身が感じたこと、日々思うことを自分勝手に独りごちていきたいと思います。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは

今日は初のお昼更新ですな!!

ほんとは今日は北条鉄道に乗りに行こうと計画していたんですが
いかんせん天気があんまりよろしくない感じだったので取りやめっちゅう感じです

案の定お昼前にはかにゃりの土砂降りだったしね。

まぁそれは来週以降ということで
行くならね~ やはりぴーかんの時が良いしね。

今日も浪花は五月晴れって時が良いねん!!(o^0^o)
気持ちよく散歩もできるっちゅうねん!!
やらなあかんこともたまってるしねん。
今日はそれを消化することに専ねん
せねばねん!!

      (o^0^o)

だけどこの前やっていた「めぞん一刻」のドラマは何ですか
結構キャスティングはうまいことできているかなと思いきや
やはり響子さん役の伊藤 美咲さんが「電車男」の青山 沙織(エルメス)っぽく
というかそのままやんチックになっているのがいただけないですね。

そういう要素もあるけどもっとこうなんというか
ドタバタ要素感が必要というかお淑やかだけではないんですよね。

そういうところをもっとしっかり表現して欲しいですね。

もう一ついうとなんかまぁこのドラマ半分ちょいぐらいしか見てないですけど
なんか漫画、アニメの結構印象的シーンの寄せ集め作品って感じがしました。
まぁ最後まで見ていないから何とも言えないですけどね。

だけど今回は浪人篇ということらしいので続編を作るかどうかわかんないですが
これを見る時間があるんやったらアニメ、漫画の方をオイラはとるなと感じましたね。

だけど基本高橋留美子先生の作品はどっちかいうと
アニメの方が好きなんですけどね。
「うる星やつら」も「らんま」も「めぞん一刻」もぶっちゃけアニメの方が好きですな。

うーむだけどアニメ、漫画を実写化した物というのはヒットしたやつというのはあるんだろうか?
全ての人個々に漫画、アニメのキャラについてのイメージというのがあるのに
元々存在している俳優などを当てはめるなんて無茶というか
かなり難しいですよ。
その俳優自身にもイメージというものを作られているのですからね。
その俳優をどういうイメージで見ているかなんて思っている人自身にしか分からないし
人の思考なんて読めるわけないんやし、両方のイメージをシンクロさせるなんて不可能やしね。

またそんなことされても全く同じやったら漫画、アニメの方を見るわって人の方が
多そうな感じがするし。

うまいことイメージを崩して実写化するのは神がかり的ですな。

はっきり言って元々何もないものから作る作品をヒットさせるより
難しい感じがしますね。

まぁこういうものを作る人たち特にテレビ局のなどの上の人たちは
無難を求めてるんでしょうけどね。
元々実写化される原作のブランド力を使ってね。

まぁ実写化するなら無名の名作というのを探して実写化したら良いんちゃうんですかね。
それを探すのは大変やし、そして実写化する意味合いも薄いのかもしれませんけどね。

まぁやはり難しいですな。(^^;)

ということで今日はこの辺で
              Bye Bye!!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
mituki
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
FX NEWS

-外国為替-
忍者ブログ [PR]